症状の程度によって治療は必要ない

*
前立腺肥大の症状が気になったら > 前立腺肥大の診断と治療 > 症状の程度によって治療は必要ない

前立腺肥大症では必ず治療が必要?

前立腺肥大症の症状や検査の結果にもよりますが、治療が必要ではないという場合もあります。軽い症状があっても排尿の方法に気を付けたり、いろいろな生活習慣を改善したりすれば、必ずしも治療が必要ではない場合も多くあります。

 

大丈夫のサイン

 

前立腺肥大症の治療が必要であると判断すれば、治療法のなかでも医師は最善の方法を提案します。ですが患者の意志を無視するわけではありません。患者と話し合いを行って治療方針を決定します。

 

治療の第一の選択肢としては、薬物を使った療法になります。経年すれば前立腺がさらに肥大したりなど、最終的に手術になる可能性もありますが、軽度の状態で緊急を要する状態でなければ、通常は薬物を使った治療が選択されることになります。

 

進歩した前立腺肥大症の治療

前立腺肥大症の治療方法は、現在では様々な方法が確立されていますが、かつては手術が中心に行われてきました。手術となればどうしても身構えるものです。もし絶対に手術が必要ということになっても、前立腺の手術はほかの手術と比較して安全な部類に入ります。過度に心配する必要はありません。

 

また、最初に書いたように、前立腺肥大症では治療が必ずしも行われるわけではありません。軽度の状態であるため治療が行われない理由というのは、薬にも手術にも必ず副作用の心配があるがためです。もし治療の必要がないとしても後々状態が悪くなってしまわないよう、生活習慣の改善や自分の状態の把握は必要です。

海外では前立腺の肥大の治療薬としても認められているノコギリヤシ。日本では臨床データーが存在するサプリがあります。⇒⇒⇒ノコギリヤシPURE