前立腺肥大のレーザー治療

*

前立腺肥大症にも使われるレーザー

レーザー光線は様々な病気の治療に利用されますが、前立腺肥大症も例外ではありません。ただし、機器が高額なことや完全に確立された術ではないため、現在も前立腺肥大症手術の主役ではありません。

 

レーザー光線

 

レーザー治療のよい点はいろいろとあります。まず、経尿道的手術(TURP)のように尿道から内視鏡を通し、前立腺の肥大した部分にレーザーを照射する方法であるため、開腹手術のように外部を傷つけることがありません。

 

次に出血の量がほかの手術より少ないという点でも優れています。また、熟練した技術を必要としないという点でもアドバンテージがあります。短期間で退院できるという点もよい点です。

 

デメリットがないわけではない

よいことばかりのようなレーザー治療ですが、次のようなデメリットがあります。治療の効果が現在の手術の主流となっている経尿道的手術(TURP)より劣ること。これは患者の立場になれば非常に大切なことですね。また、治療の効果が現れるのにもほかの手術に比べ時間を要します。

 

レーザー治療にも種類がありますが、主流になっているのがホルミウムレーザーを使った手術です。このレーザー治療は大きな肥大部分にも対応できるというメリットがありますが、技術的には難しく熟練が必要とされています。

海外では前立腺の肥大の治療薬としても認められているノコギリヤシ。日本では臨床データーが存在するサプリがあります。⇒⇒⇒ノコギリヤシPURE