前立腺肥大症のガイドライン

*

前立腺肥大症のガイドラインで使われるスコア

前立腺肥大症のガイドラインで使われる、米国泌尿器科学会で提唱されたIPSSという国際前立腺症状スコアがあります。内容は以下のようなものです。

 

PCと医師

 

  1. この1ヶ月の間に、尿をした後にまだ尿が残っている感じがありましたか
  2. この1ヶ月の間に、尿をしてから2時間以内にもう一度しなくてはならないことがありましたか
  3. この1ヶ月の間に、尿をしている間に尿が何度もとぎれることがありましたか
  4. この1ヶ月の間に、尿を我慢するのが難しいことがありましたか
  5. この1ヶ月の間に、尿の勢いが弱いことがありましたか
  6. この1ヶ月の間に、尿をし始めるためにおなかに力を入れることがありましたか
  7. この1ヶ月の間に、夜寝てから朝起きるまでに、ふつう何回尿をするために起きましたか

1~6は下記の該当する点数を合計します。7は0〜5回までの回数が点数になります。

 

・まったくなし     0点
・5回に1回未満 1点
・2回に1回未満 2点
・2回に1回         3点
・2回に1回以上 4点
・ほとんど常に     5点

 

計算して自分の状態を把握

以上の1~7の点数を合算して結果をだします。0~8点が軽症、9~19点が中等症、20~35点が重症の前立腺肥大症に該当することになります。

 

自分の状態がどうなのか計算を行って参考にすることができます。数値化を行うことで客観的な判断ができますので、計算を行ってみましょう。ただし、以上の結果だけで判断されるわけではありません。専門的な判断ができるというわけでもありませんので、大丈夫と自己判断してしまうのは危険です。

海外では前立腺の肥大の治療薬としても認められているノコギリヤシ。日本では臨床データーが存在するサプリがあります。⇒⇒⇒ノコギリヤシPURE