超音波断層(エコー)検査

*

膀胱に尿がある状態で検査

エコー、超音波断層検査はいろいろな病気の検査に使用されますが、前立腺の状態を検査する場合も使用されます。エコー検査は超音波をあてて対象物をモニターする検査です。安全性が高く簡単に検査できる方法であることはご存知のとおりです。前立腺の検査でなくても、エコー検査を経験したことがある方がほとんどではないかと思います。

 

エコー検査

 

エコー検査機器は、ベッドの脇まで移動できることも利点のひとつですね。妊婦の検診などで活躍することもよくご存知のことと思います。

 

前立腺のエコー検査には2種類の方法があります。画像をよりはっきりさせるため、どちらも膀胱に尿がある状態で検査します。

 

経腹的超音波断層検査

こちらは超音波を送受信するプローブと呼ばれる部分を下腹部にあてて検査する方法で、ごく一般的な検査方法です。前立腺の形状や大きさ、膀胱の結石、腫瘍の有無などが診断されます。プローブをあてるだけなので痛みなどは全くありません。

 

経直腸的超音波断層診断

経直腸的超音波断層診断は、上の経腹的超音波断層検査より精度が高い検査方法とされます。ただし、細くて長いプローブを直腸に入れる検査であるため、多少の苦痛を伴う検査方法です。画像は輪切りの状態のものが撮影されます。

 

前立腺肥大症の検査でこの方法が取られて苦痛を伴うといわれると、不安になるかもしれませんが、ひどい痛みを感じるわけではありません。

 

上記のほかに、残尿の測定にもエコー検査が使われます。おしっこをした後にどの位の体積の尿が残っているか検査します。

海外では前立腺の肥大の治療薬としても認められているノコギリヤシ。日本では臨床データーが存在するサプリがあります。⇒⇒⇒ノコギリヤシPURE