前立腺を触って診断する直腸診

*

前立腺肥大症の診断でも行われる直腸診

前立腺は直腸の前に位置しています。ですので、直腸から指で前立腺を触ることができます。直接指で触診を行うことを直腸診(直腸内指診)といいます。この触診法は前立腺ガンを調べることが主な目的になりますが、前立腺肥大症の診断でも行われます。

 

手袋を外す医者

 

診断にはいろいろな体位があります。この診断では仰臥位といわれる、「患者が自信の膝をかかえる形」で行われるのが一般的なようです。

 

直腸診の実際

医師は人差し指を肛門に挿入して前立腺の大きさや固さ、左右の状態などを触診します。前立腺の診断ではごく一般的な診断方法で、大きさを確かめ前立腺が肥大しているかどうかや固さ(通常は弾力性があるが、ガンになると固くなる)や表面の状態からガンである可能性を診断します。

 

ただし、固くなっていればガンというわけでは当然ありません。表面の状態はなめらかなものが、ガンになるとごつごつとした状態になるようです。

 

健康な人の前立腺の大きさは少し大きめの栗位の大きさです。この大きさは前立腺肥大が進んでしまうと、最大でみかんほどの大きさまでにもなってしまいます。

 

前立腺肥大の触診には、医師でもある程度の経験がなくては正しい診断ができないようですが、みかんほどにまで大きくなっていれば、例え素人でも肥大していることはわかると思います。

 

いずれにしても、直腸診は前立腺の診断のひとつの方法です。もちろんこの方法だけで診断が下されるわけではありません。

海外では前立腺の肥大の治療薬としても認められているノコギリヤシ。日本では臨床データーが存在するサプリがあります。⇒⇒⇒ノコギリヤシPURE