おしっこはなるべく我慢しない

*

おしっこがなかなか出ない

前立腺肥大症の症状のひとつに、おしっこがでるまでに時間がかかるという症状があります。それと同じような症状で、「おしっこを我慢していて、やっとできるのになかなか出ない」という経験は、だれでも経験が1度や2度はあるかと思います。いやもっとですかね。

 

トイレの案内

 

前立腺肥大症の場合もおしっこを我慢していてなかなか出ないという場合でも、尿道括約筋の緊張が長い時間続きすぎて、いざ排尿してよい状態になって大脳が「おしっこしましょう」と命令をだしても、すぐに反応することができないため起こる現象です。

 

前立腺が肥大して頻尿の症状がでている場合、頻繁にトイレに行きたくなってしまうわけですから、おしっこを我慢するケースが往々にして増えてくると思います。しかし、ほかの症状を引き起こさないためにも、おしっこをできるだけ我慢しないようにしなくてはいけません。

 

おしっこを我慢しすぎると

正常な前立腺でも上記のような症状が起こることがあるほど負担が大きいということですから、前立腺肥大症の場合はなおさらリスクが高いわけです。感染症を起こしやすくなってしまいますし、尿閉という自分の意志とは無関係におしっこが全くでなくなってしまう症状にもなりかねません。

 

頻尿になってしまうのは、男性であることや加齢での宿命と考え、なるべく尿意に忠実に従う、また、長い時間トイレに行けないシチュエーションがある場合、事前に用を足しておくなど気をつかわなくてはなりません。辛い症状ですが、年齢を重ねれば多くの方が悩む症状です。自分だけではありませんから、もっと気楽に考えるようにしましょう。

海外では前立腺の肥大の治療薬としても認められているノコギリヤシ。日本では臨床データーが存在するサプリがあります。⇒⇒⇒ノコギリヤシPURE