水分を摂りすぎないこと

*

頻尿は水分を摂らないのが正解ではない

水分の摂取量が増えれば、当然の結果としておしっこの量も増加します。前立腺が肥大して一番困るのはやはり頻尿になってしまうことです。特に夜間の頻尿はトイレのため目がさめてしまってから、その後寝ることができないというようなことも多々あることです。昼間でもちょくちょくトイレに行くというのは生活の質を下げてしまうことにつながってしまいます。

 

コップの水

 

ただ、勘違いしやすいのは水分の摂取量を少なくすればよいということではないということです。人間に必要な水分は必ず体内に摂り入れなくてはなりません。1日に必要な水分量は約1.5リットルです。水分を摂りすぎかなと思われる方は、1度自分がどれくらい飲んでいるのか意識してみるのもよい方法だと思います。

 

水分をセーブすると、確かに尿量は減少するでしょう。しかし、セーブしすぎると脱水症状も起こりかねません。特に暑い季節は本当に気をつけないと、取り返しのつかないことになってしまいます。そもそも頻尿の症状は尿の量が多すぎるから現れるわけではありません。1日トータルの量は変わらなくても、1回の排尿の量が少ないため頻尿になるのです。

 

水分の摂りすぎはダメ

気を付けるのは必要以上に水分を摂らない、つまり摂りすぎないということです。特にアルコールの摂りすぎは、おしっこをだしたくてもでない尿閉という症状を引き起こす可能性もあります。お酒が好きな方には酷な注文かもしれませんが、飲みすぎは前立腺肥大症だけではなく、いろいろな病気の元にもなりかねません。

 

それから利尿作用のあるお茶やコーヒーなどもほどほどの量にする必要があります。特に就寝前のこのような飲み物は、夜間頻尿をより助長させてしまいます。利尿作用のある飲み物以外でも、安眠するためには就寝前の水分補給をなるべく控えるようにしましょう。

海外では前立腺の肥大の治療薬としても認められているノコギリヤシ。日本では臨床データーが存在するサプリがあります。⇒⇒⇒ノコギリヤシPURE