頻尿や夜間頻尿になる(初期症状)

*
前立腺肥大の症状が気になったら > 前立腺肥大症の症状と対策 > 頻尿や夜間頻尿になる(初期症状)

前立腺肥大症の代表的な症状である頻尿

前立腺肥大症の症状の代表的なものに頻尿があります。頻尿の症状でよく聞くのが夜間頻尿ですが、昼間の頻尿と夜間の頻尿は別に考える必要があります。

 

公衆トイレ

 

夜間頻尿の場合、就寝している間に2度以上の排尿で夜間頻尿といわれますが、ほとんどの方は1度もトイレに起きていないと思います。寝ている間にトイレに行かないのは、抗利尿ホルモンが睡眠を妨げないよう利尿を抑えるためです。

 

起きている間の排尿回数は、正常な場合に大体5~7回程度です。この回数以上の排尿になると頻尿といわれる症状に該当します。時間にすると2時間以内に再び排尿しなくてはならなくなると頻尿です。

 

ただし、もともと体質的に頻尿である場合など個人差もあります。このサイトのテーマである前立腺肥大症以外にも糖尿病が頻尿の原因であったり、利尿作用のあるコーヒーやお茶の飲みすぎであったり、単に水分の摂りすぎであったり、心因性の神経性頻尿であったりと原因は多岐にわたります。

 

前立腺肥大症での頻尿

前立腺肥大症が原因となって頻尿が起こるのは、前立腺が肥大することにより尿路が細くなり膀胱内部に尿が残ってしまうため、尿がたまるのが早くなるという理由と、前立腺の肥大により膀胱が刺激を受ける刺激症状が起こるためという理由があります。

 

加齢すると男女関係なく誰しもといえるくらい頻尿の症状が現れるのが一般的です。ただ、楽しく人生を過ごすためにも、年だからとあきらめず改善をすることが大切です。

海外では前立腺の肥大の治療薬としても認められているノコギリヤシ。日本では臨床データーが存在するサプリがあります。⇒⇒⇒ノコギリヤシPURE