おしっこが途中で止まることがある(初期症状)

*
前立腺肥大の症状が気になったら > 前立腺肥大症の症状と対策 > おしっこが途中で止まることがある(初期症状)

尿線途絶は代表的な症状のひとつ

おしっこが途中で止まってしまう症状も前立腺肥大症の症状のひとつです。おしっこが描く線は尿線と呼ばれ、途中で止まってしまうことを「尿線途絶」や「尿線中絶」あるいは「間欠的排尿」といいます。

 

トイレ

 

通常おしっこは最初から最後まで途切れることはありませんが、前立腺が肥大して尿道が圧迫されると通り道が影響を受け、尿に勢いがなくなってしまいます。これが「尿線途絶」といわれる症状です。それに加えて加齢と共に排尿する力自体も弱くなってくるという理由もあります。そのため、1度ではおしっこが出切れずに、腹圧をかけて何度かに別けて排尿するような排尿障害が起こります。

 

途切れるのは前立腺が肥大症だけ?

おしっこが途切れる尿線途絶は、前述のように前立腺肥大症のごく一般的な症状のひとつですが、膀胱結石、前立腺炎、膀胱頚部の有茎性腫脹などの病気でも起こりえる症状であるため、その点には注意が必要です。特に若い方がおしっこが何度かに別けてしか排尿できなくなったら何かしらの疾患である可能性が高いため、迷わず医者に相談するようにしましょう。

 

膀胱の筋肉が衰えたりした結果も症状に拍車をかけますので、ある程度年をとったらいた仕方のない部分もありますが、やはり排尿は気持ちよく行いたいものです。

海外では前立腺の肥大の治療薬としても認められているノコギリヤシ。日本では臨床データーが存在するサプリがあります。⇒⇒⇒ノコギリヤシPURE