おしっこが間に合わずに漏れる(初期症状)

*
前立腺肥大の症状が気になったら > 前立腺肥大症の症状と対策 > おしっこが間に合わずに漏れる(初期症状)

おしっこが間に合わない切迫性尿失禁

突然として尿意を感じトイレに駆け込んでも、もう間に合わずに漏れてしまっているというような症状は切迫性尿失禁といわれます。切迫性尿失禁は、脳からの命令が上手に伝わらずに起こる神経因性のものと、膀胱炎や前立腺肥大症などが原因の非神経因性のものとに分かれます。

 

困った様子の男性

 

前立腺肥大症の初期からこの症状は始まりますが、だんだんと症状がひどくなって中期の症状へと移行して行きます。

 

仕事中などにおしっこを漏らしてしまったとなれば、それは大変です。本人もとても落ち込むことになってしまいます。名前のとおり切迫した状況ですから本当に辛い症状です。

 

切迫性尿失禁はなぜ起こる

おしっこをしたいと感じても、その場ですぐにはおしっこはできませんから、トイレに行って準備ができるまで大脳が尿道括約筋を収縮させ、おしっこがでないようにします。

 

前立腺肥大症になると、我慢しなくてはならない状態であっても、膀胱が刺激を受けることが原因で我慢できなくなってしまいます。加齢による尿道括約筋の力の弱まりがでることも、さらに切迫性尿失禁の症状を悪化させる原因になります。

 

切迫性尿失禁の症状は、初期の頃はまあなんとかトイレで準備ができるまでギリギリでも我慢できますが、前立腺の肥大が進んでくると、だんだんと我慢が効かなくなってしまいますので、初期症状のうちにできるだけ改善できるようにすることがとても大切です。

海外では前立腺の肥大の治療薬としても認められているノコギリヤシ。日本では臨床データーが存在するサプリがあります。⇒⇒⇒ノコギリヤシPURE