前立腺肥大症はガンになるのか

*
前立腺肥大の症状が気になったら > 前立腺の知識 > 前立腺肥大症はガンになるのか

前立腺肥大症とガンはちがう病気

前立腺が肥大していろいろな症状がでてくると、心配になる、また恐くなるのは、やはり前立腺ガンではないでしょうか。

 

カルテを見る医者

 

前立腺は外腺と内腺の2つの分泌腺から成り立っていますが、前立腺の肥大は通常内腺にできる良性の腫瘍です。前立腺ガンは主に外腺にできる悪性の腫瘍です。このように前立腺肥大症と前立腺ガンのふたつは全く異なる病気ですから、前立腺肥大症が前立腺ガンへと移行することはありません。

 

どちらも前立腺の肥大を伴ってしまうのですが、肥大の原因にもちがいがあります。前立腺肥大の原因は現代医学でもまだはっきりしていませんが、ほぼ男性ホルモンが関わっているということが分かっています。前立腺ガンの場合には、ガンができることによって、肥大してしまうのだとされています。

 

ガンの症状はわかりにくい

前立腺ガンの初期は無症状であることが多く、症状が現れたときにはある程度ガンが進行しています。これはガンが外腺にできやすいためです。腫瘍が尿道を圧迫すれば排尿障害につながりますが、外側に腫瘍があるため気付くのが遅くなってしまいます。

 

筆者が調べたところでは遺伝的な要素がある場合もない場合もあるようですが、遺伝的な要素を持つ方は特に、50代になったら定期的な検診を行った方がよいと思います。早期に発見した方が早期に治すことが可能になります。転移などの危険性も少なくなります。

海外では前立腺の肥大の治療薬としても認められているノコギリヤシ。日本では臨床データーが存在するサプリがあります。⇒⇒⇒ノコギリヤシPURE