前立腺肥大症とは

*

前立腺肥大症は男性の病気

前立腺は精液を作っている臓器ですので、前立腺肥大症は男性だけにある症状(病気)です。多くの男性が悩まされるため、男性の宿命ともいえる病気でもあります。

 

腕を組む中年

 

前立腺が肥大してしまう原因には諸説あります。現代の医学をもってしてもいまだはっきりとは解明されていませんが、男性ホルモンが関係しているといわれています。

 

前立腺の肥大は、早い人では40才台から始まり、50才台では約4割以上、60才台にもなれば、約半数の方が前立腺肥大症に悩まされることになります。前立腺肥大症の診療は泌尿器科で行われるのですが、風邪で受診するようには気軽に受診できないこともあってか、症状があっても60台半ば位にならないと受診する方は少ないようです。

 

前立腺の肥大の症状

症状としては頻尿になった、おしっこに勢いがなくなった、排尿までの時間がかかるようになった、下腹部に不快感がある、残尿感があるなど様々な症状があります。こういった症状が現れる原因は、前立腺が肥大することによって、尿道を圧迫したり膀胱を刺激したりするためです。

 

ただ、前立腺が肥大していても無症状であったり、逆に大きくなっていなくても症状が起こる場合もあることに注意しておきましょう。

 

また、前立腺の肥大とは関係なく、加齢により尿の悩みは発生します。加齢によって寝ている間にトイレに起きたり(夜間頻尿)、昼間でも頻尿になったり、おしっこをしたくて我慢が効かなくなって少し漏らしてしまったりすることもあります。これは、加齢と共に膀胱に弾力性が失われたり、知覚過敏が起こってしまうなどの原因があります。夜間頻尿の加齢による原因には、加齢によって眠りが浅くなることなども関連しています。

海外では前立腺の肥大の治療薬としても認められているノコギリヤシ。日本では臨床データーが存在するサプリがあります。⇒⇒⇒ノコギリヤシPURE