夏に気をつける睡眠障害の対策

快適過ぎる室温は結果として睡眠障害を起こす

ルームエアコン
現代はどこにいっても冷暖房完備です。快適な温度にコントロールされている部屋が用意されます。勉強も仕事も効率よく行える環境が整っていることはとてもよいことです。しかし、弊害として人間が本来持っている体温調節機能が低下しているといわれています。「何で冷暖房が睡眠障害と関係があるの?」と思われるかもしれませんが、体温と睡眠には大きな関係があります。

 

寝室の温度を適切に調整し睡眠障害の対策

寝苦しい熱帯夜には、ついつい寝室の温度を下げ過ぎてしまいます。しかし、下がりすぎると風邪をひいてしまったり、喉を痛めてしまったりします。夏場の適切な寝室の温度は26〜29度だとされますが、少し高めにしておく方が健康的です。夏場も冬場もですが、寝る前にあらかじめ入眠しやすい温度に調整しておくようにしましょう。

エアコンを数時間後に切れるようにタイマーでセットして寝るという方も多いでしょう。でも、思い切り室温を下げるのではなくドライ機能を使用して少し高めの温度を維持する方が1日の睡眠をとおして質のよい睡眠が取れます。

また、エアコンだけではなく扇風機を併用することもおすすめの睡眠障害の対策になります。エアコンの風も扇風機の風も直接肌に当たるようにするのではなく、間接的に当たるようにします。やさしい風が室内を循環し心地よい睡眠を取れます。

 

暑い夏にお風呂を利用して睡眠障害対策

お風呂につかる
体温が高い状態では入眠しにくく、体温が下がると入眠しやすくなります。赤ちゃんが眠くなると手足が温かくなることをご存知の方も多いと思います。これは手足から放熱して体温を下げているためです。

人間は暑いと汗をかいて体温を下げますが、使うことが少なくなっています。暑ければ冷房を使い、寒ければ暖房を使う。当たり前に現代は環境が整いすぎて、人間がもともと持っている体温のコントロールを行う機能が低下しています。

眠りに入りやすくするためには、入眠前に体温を上げないこと、体温が下がることが大切です。お風呂を利用してこの体温調整を効率よく行う方法があります。まず、お風呂は就寝の1時間前までには済ませることが重要です。

暑い夏にはシャワーという方が多いと思います。でも、熱い湯ではなくぬるめのお湯に長くつかることで眠りに入りやすくなります。これは長くお風呂につかることで、毛穴が開くため結果として体温が下がりやすくなる、汗腺の機能も上昇するためです。

これには睡眠障害に対しての効果があるだけでなく、毛穴にたまっている汚れも落ちる、汗腺にたまっている汚れが落ちるというメリットもあります。汚れも落ちやすくなるのですから、結果的に体臭の予防にもなります。

夏に気をつける睡眠障害の対策:関連ページ

冬に気をつける睡眠障害の対策
睡眠障害を助長する冬場の環境を改善 蒸し暑く寝苦しい夏の季節も睡眠障害を助長してしまいますが、同じように寒すぎても寝付けなくなってしまいます。寝付いても睡眠が浅くなってしまいます。睡眠障害の原因になる環境を改善する対策を […]