冬に気をつける睡眠障害の対策

睡眠障害を助長する冬場の環境を改善

雪の道
蒸し暑く寝苦しい夏の季節も睡眠障害を助長してしまいますが、同じように寒すぎても寝付けなくなってしまいます。寝付いても睡眠が浅くなってしまいます。睡眠障害の原因になる環境を改善する対策を行いましょう。

 

寝室の温度と湿度を最適に保つ

冬場の室温は18〜23度ほどが適温になります。あまり温度が上がっても眠りにくくなってしまいますので、自分が快適と感じる温度を意識して探すことも大切です。

冬場は暖房を使用することになりますが、暖房を使用するとただでさえ低い冬場の湿度がさらに低くなってしまいますから、心地よい睡眠のためには湿度の調整にも気をつける必要がでてきます。

寝る直前に部屋を暖めるのではなく、あらかじめ温めておき入眠しやすい状況を作っておきます。冬の寝室の温度調整にはエアコンを使用することが一番多いと思いますが、エアコンは空気を乾燥させてしまいますので、できれば加湿器も同時使用する方が睡眠の質を上昇させる結果につながります。

湿度は50%前後が快適な睡眠の目安になります。もちろん温度計だけでは湿度を知る術がありませんから、湿度計も用意しておきましょう。湿度を管理するためには加湿器を使用しますが、加湿器を使用できなければエアコンは朝まで使用するのではなく、タイマーを使って数時間後にオフにするようにします。

 

冬の快眠のためには寝具類も温めておく

冬は寒いので室温を調整しようということが最初に思い浮かびますが、直接触れ合う寝具の温度も快適な寝心地に大きく関係します。

睡眠の障害にならない布団の温度というのは、いわゆる人肌の温もり程度です。人間の体温が目安になります。

寝具類を暖める方法としては布団乾燥機を使用して温めておくという方法があります。しかし、毎日布団乾燥機で温めを行うのは大変です。手軽な方法としては、やはり電気毛布がお手軽で便利です。

電気毛布を使用する場合、就寝前にスイッチをオンにして先に温めておき、就寝時にスイッチをオフにする使い方を行いましょう。電気毛布を使いっぱなしで就寝してしまうと、乾燥してしまうという理由が大きなものですが、もうひとつ睡眠時に変化する体温の変化を妨げてしまうという理由があります。

体温には表面体温と深部体温があります。深い眠りに入るためには、体の深い部分、中心の体温である深部体温が下がる必要があります。眠る時に手足が冷たいという状況は深部体温が下がっていないことを示しています。

「体温が下がっているので手足が冷たくなっているのでは?」と考えられたかもしれませんが、深部体温が下がる時には手足から放熱するため手足が暖かくなります。

 

昔ながらの湯たんぽを使う

女性の部屋のベッド
昔は普通に使用されていた湯たんぽが、近年再び脚光を浴びています。湯たんぽを使用するメリットには、「エアコンのように空気の乾燥を招かない」「電気的な製品より、より自然な暖かさがある」「肌の乾燥を招かない」などがあります。

しかし、湯たんぽにもデメリットがないわけではありません。デメリットには「温度調整ができない」「やけどの心配がある」などがあります。

手足が冷たくてとても眠れないという場合には、湯たんぽはとても心地よい暖房器具です。やけどをしないよう、よく取説を見て使うようにしましょう。

冬に気をつける睡眠障害の対策:関連ページ

夏に気をつける睡眠障害の対策
快適過ぎる室温は結果として睡眠障害を起こす 現代はどこにいっても冷暖房完備です。快適な温度にコントロールされている部屋が用意されます。勉強も仕事も効率よく行える環境が整っていることはとてもよいことです。しかし、弊害として […]