ツメダニ科のダニについて

ツメダニとは

ツメダニは科名で、日本の家屋にいるツメダニはミナミツメダニとクワガタツメダニが知られています。高温多湿を好みますから、日本では6月~9月の高温多湿の時期に活動が活発になりますが、これに近い状態になる気密性の高い住宅では、ほかの季節でも被害が発生します。

ツメダニ科

ダニの写真を見てみると、どれも気持の悪いものですが、このツメダニは特に気持の悪い形をした口器を持っています。

 

ツメダニの害

ツメダニの害は、何といっても人間を刺すことです。このツメダニに刺されると、強いかゆみと赤色丘疹(赤い腫れ)のアレルギー症状を起こします。これはツメダニに刺された時にツメダニが出す唾液によるものです。

本来この唾液は虫の体液を吸う時に相手を麻痺させるために出すものです。ダニ刺されが起きやすい体部は、皮膚の柔らかい首や腕、胸、膝から下の部分です。

このかゆみと腫れという症状は遅延性のアレルギー症状で、刺されてから早くて5時間ほど経過した後、遅いと2日も経った後で発症します。かゆみも1週間ほどの期間長く続きます。ツメダニの害は、時期的に寝苦しい夏の夜に重なることも多いですから、かゆみも余計に強く感じるかもしれません。

 

ツメダニの住処

ツメダニの家屋内での住処は、ベッド、布団などの寝具やじゅうたんや畳ですが、ほかの湿度が高い部分にも多く発生します。高温多湿を好みますから、気密性の高い家屋に多く、その中でも特に南に面した部屋に多く存在しています。

 

ツメダニの食料

家屋内にいるツメダニは通常ほかのダニなどの小さな虫を捕食しています。共食いすることもありますが、ツメダニ以外のほかのダニが増えてしまうと食料が豊富にあることにつながり、ツメダニの異常発生の原因にもなってしまいます。

 

ツメダニの退治方法

ツメダニには薬剤を使った駆除はほとんど効果がありません。熱乾燥処理など効果的であるとされています。多湿を好むツメダニには、除湿器を使って湿度の調整を行う、あるいは十分換気を行うのも効果的であると言えます。

ダニ取りドットコム

出来る限り殺虫剤を使わずダニ退治
ダニ捕りロボ
ダニ捕りロボは、置いておくだけでダニ退治が出来て手間いらず。殺虫剤は一切使用せずダニ捕りロボの内部にダニを閉じ込めてしまいます。日米の特許を取得している最強のダニ捕りマシーン!