ダニ刺されの症状ならダニ退治を > ダニについて > ダニはなぜ増えるのでしょう

ダニはなぜ増えるのでしょう

ダニが増える条件とは

ダニが増えてしまう条件を極力なくせばダニの増殖を抑えることができます。1mmに満たないダニを一部を除いて目視で確認出来ませんから増えて被害が出てからでは遅いという考えで対策しましょう。

衣類のダニ

ダニを減らしたいからといって、住宅そのものを簡単に変えることはできませんが、ダニが増える条件を把握して対策すると少しでもダニの発生を抑えることが出来ます。

 

高温多湿であること

この条件が一番ダニの発生に関係しているといえます。ダニの多くの種類が好む環境というのは温度が摂氏20度から30度で、湿度がヒョウヒダニでは60から75パーセント位、コナダニでは80パーセント以上を好みます。

温度は人間も過ごしやすい範囲です。ダニが死滅する温度まで室温を上げるなど人間が我慢する必要は当然ありませんが、換気をよくし湿度が上がり過ぎないようにするだけでも、ダニの発生を抑えることが出来ます。

具体的には一日の半分ほどの時間は窓などを開け、換気できる場所を設けた方がよいでしょう。また、各部屋に室温・湿度計を設けた方が好ましいです。

 

食糧があること

家屋にいるダニは人間のフケや花粉などの埃、カビなどを食べています。犬や猫などがいる場合は、ペットの抜け毛や垢などもダニの食料になります。ですので、いかにこれらのダニの食料を少なくするかもダニ退治のひとつのポイントになります。

 

隠れる(産卵する)場所があること

掃除機などで除去できる場所であれば増殖を抑えることが可能なのですが、住宅に居つくダニには、隠れる場所が必ずあります。逆に考えればダニがいる場所というのは限定されるということになります。

たとえば布製ソファーの中、畳の中、布団、絨毯(じゅうたん)などです。人間が生活している場所というのは、同時にダニのえさも豊富になります。布団などではフケや垢が食糧となりますし、畳や絨毯では人間が食料を落としたりフケを落としたりもしますから、ダニにとっては住みよい場所になってしまいます。

ダニ取りドットコム

出来る限り殺虫剤を使わずダニ退治
ダニ捕りロボ
ダニ捕りロボは、置いておくだけでダニ退治が出来て手間いらず。殺虫剤は一切使用せずダニ捕りロボの内部にダニを閉じ込めてしまいます。日米の特許を取得している最強のダニ捕りマシーン!