ダニ刺されの症状ならダニ退治を

*

憎っくきダニを退治しよう!

ダニと一言でいっても、世界には2万種を超える多くの種類が存在しています。日本の住居で発見されるダニだけでも、なんと約150種類と想像以上の数字です。


ダニに刺される

このようにびっくりするほど多くの種類が存在しているダニですが、全てのダニが人間に害があるわけではありません。少ない種類のダニが、ダニアレルギーの原因(アレルゲンといいます)になったり、知らず知らずのうちに刺されたり、吸血されたりという被害を及ぼします。


日本の住居に現れる害虫で一番の嫌われ者であるゴキブリと同じく、ダニは厄介な害虫であることにまちがいはありません。


日本の一般家庭で確認されるたくさんのダニの種類のなかでも、一番多いのはチリダニです。都合の悪いことに、このチリダニはアレルギーの原因になります。このダニがほとんどの家庭でダニ退治の一番のターゲットになります。


もうひとつダニの被害で問題になるのが、刺されることです。ダニに刺されると激しいかゆみを伴います。何にしても経験してみないと想像もできないかもしれませんが、あまりのかゆみにノイローゼ気味になる場合さえあります。


人間を刺すダニの中で一番多いのはツメダニです。ツメダニに刺されると激しいかゆみを伴いますし、真夏が一番発生しやすい時期ですから、寝苦しい時期に重なり、こうなると悪夢以外の何者でもありません。


ダニ退治のポイントは湿度をコントロールしてダニが住みにくい環境を作ることと、ダニの温床になりやすい場所を念いりに掃除することです。


子供のダニアレルギーに注意

ダニアレルギーを含むアレルギー症状を持つ人は年々増加しています。日本人で何らかのアレルギー症状を持つ人は10人に1人にも及びます。乳幼児なども含めれば、まだまだこの割合は大きくなります。


アレルギーで鼻が出る

ダニが影響するアレルギーには、ぜんそくやアトピー性皮膚炎などがありますが、お子さんがいるご家庭ではどちらも大きな問題になっています。


アレルギー症状を持つお子さんの多くはダニに対してもアレルギーを持っています。ダニアレルギーを持つ人が、ダニの少ない環境で生活すれば、症状も抑えることはもちろん可能です。


しかし日本の一般的な住居などの環境は、ダニが少ない環境では決してありません。冬でも暖かく高気密な住居である人間が住みやすい環境は、ダニにとっても住みやすい環境になってしまいます。


アレルギー症状が出ると、突然アレルギーになったように思うのですが、実際にはそれまでに受けてきた刺激や住環境などが大きく影響しています。ダニを100パーセント駆除することは不可能ですから、いかに少ない環境にするのかがダニアレルギーを抑える重要なポイントです。


アレルギーには色々な原因があります。アレルギーを起こす物質をアレルゲンと言いますが、埃であったり動物のフケであったり様々です。食べ物でもアレルギーが起こるのは皆さんご存知の通りです。


一説によるとアレルギーの原因になっているほとんどがダニによるものだと言われます。それほどダニは人間に悪影響を及ぼします。乳幼児や幼い子供であればなおさら影響が大きく出ます。


家庭で快適に過ごすためにもですが、ダニは人間にとって悪者でしかありません。掃除ひとつにしてもダニを効率良く吸うようにきちんと知識を持って退治しましょう。


ダニ取りドットコム

出来る限り殺虫剤を使わずダニ退治
ダニ捕りロボ
ダニ捕りロボは、置いておくだけでダニ退治が出来て手間いらず。殺虫剤は一切使用せずダニ捕りロボの内部にダニを閉じ込めてしまいます。日米の特許を取得している最強のダニ捕りマシーン!


鋭いダニの口

ダニとはどんな動物なの

知っているようで知らないダニ ダニとはどんな動物、あるいは虫なのか、小さすぎて目視する機会もほとんどないですから、その実態は意外と知られていないのではないでし…

日本の家

日本の家屋にいるダニ

日本の一般家庭にいるダニ 日本の住居に生息するダニといっても種類はとても多く、その数は約150種だといわれています。もっとも世界には2万種以上がいるといわれて…

衣類のダニ

ダニはなぜ増えるのでしょう

ダニが増える条件とは ダニが増えてしまう条件を極力なくせばダニの増殖を抑えることができます。1mmに満たないダニを一部を除いて目視で確認出来ませんから増えて被…

あくびする犬

ペットとダニの問題

ペットブームとダニの問題 ペットブームはよいことですが、犬や猫などのペットを室内で飼うことによって問題が生じることのひとつに、ダニが増えてしまうという問題があ…